アズマニシキガイ (東錦貝)

Azumapecten farreri (Jones & Preston, 1904)
Animalia > Mollusca > Bivalvia > Autobranchia > Pteriomorphia (Infraclass) Pectinida > Pectinoidea > Pectinidae > Pedinae > Chlamydini (Tribe) Azumapecten > Azumapecten farreri (Jones & Preston, 1904)
動物界 > 軟体動物門 > 二枚貝綱 > Autobranchia > Pteriomorphia (Infraclass) Pectinida > Pectinoidea > イタヤガイ科 > Pedinae > Chlamydini (Tribe) Azumapecten > アズマニシキガイ
登録・更新 2021-05-23
特徴

和名はアズマニシキの他に、カスミニシキ、アカザラガイとも呼ばれる。ホタテガイの仲間で、赤やオレンジ色など、発色の良い個体も拾える。


分類
二枚貝

採取場所
相模湾(2021/01/08,2021/02/23)

タグ

参考

WoRMS,


アズマニシキガイ
同定の自信
90%

コメント

赤色のアズマニシキ


赤, 薄茶

模様・彫刻
放射肋

サイズ
14 mm

採取場所
相模湾(2021/01/08)

タグ
イチオシ

アズマニシキガイ
同定の自信
90%

コメント

薄茶色のアズマニシキ


薄茶

模様・彫刻
放射肋

サイズ
13 mm

採取場所
相模湾(2021/02/23)

タグ

Pocket LINE はてブ