サメダカラ (鮫宝)

Staphylaea staphylaea (Linnaeus, 1758)
Animalia > Mollusca > Gastropoda > Caenogastropoda > Littorinimorpha > Cypraeoidea > Cypraeidae > Erosariinae > Staphylaea > Staphylaea staphylaea (Linnaeus, 1758)
動物界 > 軟体動物門 > 腹足綱 > 新生腹足上目 > Littorinimorpha > タカラガイ上科 > タカラガイ科 > コモンダカラ亜科 > Staphylaea > サメダカラ
登録・更新 2022-08-11
特徴

タカラガイといえばツルッとした外観だけど、サメダカラはブツブツしているのが特徴。歯は口から縁まで届くほど。


分類
巻き貝

採取場所
館山(2022/03/06)

タグ
タカラガイ

参考

WoRMS,


サメダカラ サメダカラ
同定の自信
60%

コメント

摩耗していて模様がわからないが、なんとなく表面の凸凹の名残が感じられる。歯が縁まで伸びているところで判断。少し細長い個体だろうか。


薄茶, 濃茶, 橙

模様・彫刻
無地

サイズ
15 mm

採取場所
館山(2022/03/06)

タグ

Pocket LINE はてブ